2010年01月26日

<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘(毎日新聞)

 25日の衆院予算委員会で、公明党の富田茂之議員は、国会議員の公設秘書の兼職が秘書給与法で禁止されているにもかかわらず、95人の衆院議員の公設秘書がこれに抵触していると指摘した。富田氏によると、内訳は民主78人、自民11人、みんなの党2人などで、公明、共産両党はゼロ。秘書は議員が許可すれば例外的に兼職を認められるが、富田氏は「民主党があまりにも多い。例外だからいいんだ、という姿勢でいいのか」と批判した。

 富田氏は参院議員の直嶋正行経済産業相を名指しし「秘書が、トヨタ労組などからの月収を合わせて年収600万円ももらっている。原則と例外が完全に逆転している」と指摘。直嶋氏は「私が秘書業務に影響はないと判断した上で許可した。極端なケースとは異なる」と釈明した。

 鳩山由紀夫首相は「民主党代表として申し上げれば、原則の禁止部分がやや骨抜きにされているなというきらいがあると思う。ぜひ、各党会派で検討いただきたい」と述べた。【野原大輔】

【関連ニュース】
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
虚偽記載容疑:大久保秘書を逮捕 東京地検
陸山会不透明会計:小沢氏元秘書から聴取…虚偽記載容疑
衆議院議員会館:さらば永田町 落選議員、続々と退去
陸山会土地購入:虚偽記載、池田元秘書も容疑認める

小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)
横浜で朝火事、2棟全焼…焼け跡から2遺体(読売新聞)
志位・共産委員長「小沢氏は説明責任果たせ」(産経新聞)
「党代表選への影響配慮」=石川議員が動機供述−虚偽記載時予定なし・規正法違反(時事通信)
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気(産経新聞)
posted by ノジリ ヨシヒコ at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。