2010年06月03日

<普天間問題>社民、首相への反発渦巻く(毎日新聞)

 社民党は福島瑞穂党首が閣僚を罷免されたのを受け、連立政権を離脱するかどうかの判断を迫られることになった。連立維持派が大勢だった同党内も、日米合意を優先する形で積極的に「福島切り」に動いた鳩山由紀夫首相への反発が急速に高まっている。福島氏は28日夜、罷免後の記者会見で「ボトムアップの政党なので皆さんの意見を聞きたい」と述べるにとどめたが、維持派だった複数の議員も「罷免されれば政権離脱は仕方ない」と話し始めている。

 福島氏は会見で「『辺野古の海の埋め立ては自然への冒涜(ぼうとく)』と言いながら、辺野古に戻ったことに激しく失望している。私の罷免は沖縄を切り捨て、国民を裏切ることだ」と首相を激しく非難した。「社民党は言葉に責任を持つ。そういった政治をやらねば存在意義はない」とも述べ、言葉の軽さが指摘される首相を皮肉ってみせた。

 28日昼の両院議員懇談会では、連立維持派が福島氏に閣議署名拒否の翻意を迫る場面もあった。

 重野安正幹事長は「社民党の姿が国民に見えるのは連立にいるからだ。離脱すればマスコミも扱わなくなる。選挙前にそういうことも考えねばならん」と説得。福島氏が「(日米共同声明に)『辺野古』が入っており認めるわけにはいかない」と反論すると、「野党になる準備もなく、反対、反対では無責任極まりない」(又市征治副党首)との批判も出た。

 維持派は与党としての実績を強調して参院選に臨もうとし、福島氏ら原則論派は普天間問題での妥協が党への支持を失わせると考えたがゆえの対立だった。

 党首が罷免されるに至った今、「民主党は小政党への配慮がない。結論を押しつけてくるだけだ」(幹部)など、連立パートナーより米側との信頼維持を選んだ首相への反発が渦巻く。【西田進一郎、小山由宇】

【関連ニュース】
普天間問題:鳩山首相、福島消費者相を罷免
普天間移設:鳩山首相、福島消費者相を罷免へ
普天間:首相「理解に努力する」 社民党の閣議署名拒否
普天間:社民党「辺野古」政府方針に反対 閣議署名も拒否
普天間移設:政府方針「辺野古」抜き 福島氏はそっぽ

少年、遺族に初の謝罪の手紙=中2少女殺害、事件から4年―岐阜(時事通信)
連立合意順守を確認=参院選、国会対策でも協力―国民新・社民(時事通信)
「全面的な解決に命がけで取り組む」 首相、共同声明で(産経新聞)
<普天間問題>辺野古へ移設、閣議決定…福島消費者相を罷免(毎日新聞)
雑記帳 カバの歯磨き 円山動物園(毎日新聞)
posted by ノジリ ヨシヒコ at 17:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。