2010年04月24日

「iPadキラー」となるか 欧州で「WePad」注目(産経新聞)

 米アップル社が今月、米国で発売した新型携帯情報端末「iPad(アイパッド)」が、初日に30万台超を販売する人気をみせているが、欧州市場で「アイパッドキラー」として注目されている端末がある。ドイツメーカーが開発した「WePad(ウィーパッド)」だ。アイパッドの市場独占を阻止できるか−。

 ウィーパッドは、電子出版システムなどを手がけるドイツの「Neofonie」が開発。OSは、グーグルのアンドロイドを採用。アイパッドより若干大きめの11・6インチのディスプレーで、重さも800グラムだが、アイパッドにはないカメラも搭載されている。

 最大の違いはコンテンツの受け入れ体制だ。アップル向けコンテンツの公開が事前チェック制なのに対し、ウィーパッドは「自由」とし、コンテンツメーカーが作品を供給しやすくなっている。

 ドイツ国内での発売は、今年8月を予定。米紙ワシントン・ポスト電子版などによると、すでに欧州の大手出版社「Gruner+Jahr」がウィーパッドへの雑誌コンテンツの提供計画を決めているとされ、前評判は上々だ。(三塚聖平)

【関連記事】
「次世代iPhoneは6月22日発表」のうわさ
iPadは「反革命的」商品? 世界主要メディアの反応
iPad日本発売延期 「熱気冷めなければ…」「ソフト作り込める」
草木もなびくiPad ゲーム各社、狙うは二匹目のどじょう
タッチスクリーンPC、2015年には15歳未満の半数に浸透

<郵便不正公判>大阪地検が窮地 供述内容覆り(毎日新聞)
【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力(産経新聞)
09年の救急出動、前年比2万5千件増(医療介護CBニュース)
火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
<訃報>城水元次郎さん81歳=元富士通専務、元NTT常務(毎日新聞)
posted by ノジリ ヨシヒコ at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。