2010年06月18日

はやぶさ カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地(毎日新聞)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルの回収作業を始めた。小惑星イトカワの岩石が入っていると期待されるカプセルは14日夕方までに回収され、厳重な梱包(こんぽう)作業を経て、18日にも日本に到着する予定だ。

【輝きながら地球に帰還するはやぶさの連続写真。本体は消失…】

 JAXAは14日午前、回収に向けた最初の作業として、豪先住民アボリジニの人々への説明を豪空軍に依頼、着地点への立ち入りなど回収作業への了解を求めた。着地点周辺がアボリジニの「聖地」にあたるためだ。

 また、JAXAは同日、カプセル発見時の航空写真を公開した。13日深夜、豪空軍のヘリコプターから撮影した。低草が点々と生える赤茶けた砂漠の上に、耐熱構造のカバーが外れたカプセルが着地し、金属特有の光沢を放っている。カプセルは直径30センチ、高さ15センチ、重さ6キロ。傍らにはパラシュートがあり、予定通りに開いて着地した様子が分かる。着地点は、最終的に風で少し流されたものの、はやぶさの軌道などから事前に予測していた着地想定地域のほぼ中央だったという。一方、落下途中ではずれた耐熱カバーは引き続き捜索している。

 14日午後には、研究者ら8人がヘリで現地へ向かい、カプセルの状況を確認したうえで回収する。現地のカプセル回収責任者、西田信一郎・JAXA研究開発室長は「カプセルの回収は予定通りに順調に進みそうだ。あとは耐熱カバーの発見を目指したい」と話した。

【関連ニュース】
【打ち上げられる前のカプセルの写真】
【探査機「はやぶさ」の打ち上げから帰還までを写真で振り返る】 
質問なるほドリ:「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?=回答者・はやぶさ君

<傷害>自転車の女性が男に腕切られ軽傷 愛知・東海(毎日新聞)
参院選 7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ(毎日新聞)
水難 兄弟死亡 ゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
エトー見せ場作れず カメルーン「勝つしかない」(産経新聞)
赤ちゃんロボ 発達過程探る 阪大、東大開発(産経新聞)
posted by ノジリ ヨシヒコ at 21:39| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)

 13日午後3時5分ごろ、埼玉県新座市東北2の歯科医院「にいざデンタルクリニック」から「患者がのどに脱脂綿を詰まらせた」と119番があった。救急隊員が駆け付けたところ、治療中の女児(2)が心肺停止の状態で、14日午前6時25分ごろ死亡が確認された。県警新座署によると、死因は窒息死とみられ、業務上過失致死の疑いもあるとみて女性歯科医(37)らから事情を聴いている。

 新座署によると、女児は新座市内の男性の長女。自宅で転倒して前歯を負傷し来院。歯科医と助手数人が治療を始めて間もなく、治療に使った脱脂綿がのどに詰まったという。

 記者会見した同クリニックの代理人弁護士によると、女児は右上の前歯1本が抜けかかっており、診療台に寝た母親があおむけに抱きかかえ、助手3人が頭や手足を押さえて治療。歯科医が円柱状の脱脂綿(長さ2.5センチ、直径7ミリ)二つを歯茎に詰めた後、女児の頭が動き、一つが落ちたという。歯科医は「まさか落ちるとは思っていなかった」と話しているという。【町田結子、飼手勇介】

雑記帳 人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
「素晴らしく、見飽きない星」=毎日リハビリ、体調は万全―野口さん、米で会見(時事通信)
早期殺処分を確認=日向市長と口蹄疫対策協議―農水副大臣(時事通信)
<菅首相会見>その1「政治の役割は最少不幸の社会を作ること」(毎日新聞)
posted by ノジリ ヨシヒコ at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

口蹄疫問題 ブレ続けた「政治指導」にため息(産経新聞)

 小雨がぱらついた1日の宮崎県。家畜の伝染病、口蹄(こうてい)疫問題で、鳩山由紀夫首相が初めて現地入りした。

 「大変苦しいお気持ち、察するにあまりある」。自らの進退問題で疲れ切った表情。農家と直接目を合わせる場面は少なかった。

 「普天間問題と同じでただのパフォーマンス。首相は農家のつらさを理解していない」。肉用牛75頭を殺処分した森木清美さん(61)=川南町=は切って捨てた。

 宮崎県では一連の国の対応への不信が渦巻いている。国の対応がブレの連続だったことが不信の一因になっている。

 象徴となるのが、肉の買い取りやワクチン接種をめぐる、赤松広隆農水相と農林水産省など官僚たちの錯綜(さくそう)ぶりだ。

 「10〜20キロ圏内の家畜は早く食肉にしてALIC(農畜産業振興機構)に買わせる。市場流通はさせず肉にして保管する。あとで会見を開いて発表する」

 5月19日朝、東京・霞が関の農林水産省に登庁した赤松広隆農水相は、報道陣を前に対応策をぶち上げた。健康な家畜を公費で買い取り、家畜空白地帯を作り出すことでウイルス拡散を防ごうという考えだ。

 新聞やテレビが一斉に「公費買い取り」のニュースを伝えた。だが、農水省では幹部らが「おかしい。買い取りじゃないはずだが…」と首をかしげていた。

 赤松氏が予告した会見は、当初予定の午前10時半が何度もずれ込み、ようやく開かれたのは午後3時。

 「10キロ〜20キロ圏で早期出荷をお願いする」と赤松氏。こう付け加えた。「買い手は普通の肉屋さん」

 記者「ALICが買い取るという話では?」

 赤松氏「買い取りません!」

 感染拡大を防ぐためのワクチン接種に関する混乱もあった。赤松氏は5月19日、発生地から半径10キロ圏内で、健康な家畜にも殺処分を前提としたワクチン接種を行うことも発表した。

 接種に伴う補償が問題だった。「牛については60万円ちょっと。豚については3万5千円前後」と赤松氏。「早ければ今日からでも始める」

 ところが、寝耳に水の地元自治体が金額に難色。接種は先送りとなった。

 赤松氏は5月21日、今度は家畜の時価評価で補償する方針を示した。「最初から統一価格でやると誰も言っていない。平均すれば60万円…、そんなものになるでしょうと言ったまで」

 結局、ワクチン接種が始まったのは22日。地元との交渉に要した20〜21日の48時間だけで、感染疑い例の農場は25カ所、約7700頭も増えていた。

 一事が万事、国の対応策はブレ続けた。ようやく決定した食肉の市場流通に、現地対策本部の山田正彦農水副大臣が「流通させない」方針を示す場面もあった。

 農水省からは「対策の主導権を官邸に握られ、大臣は功を焦って補償額などをを示そうとした」との声も漏れる。ある幹部は「政治主導はいいが、地元との軋轢(あつれき)の原因となっては…」とため息をついた。

 東京大の山内一也名誉教授(ウイルス学)は「口蹄疫への対応は迅速さが必要。事前に立てた対策があったとは思えず、対応が後手後手になり、被害が拡大している」と指摘する。

 被害が大きい川南町を管轄するJA尾鈴の担当者がこぼす。「農家から問い合わせがひっきりなしだ。正しい確定情報が伝わってこず、農家は混乱している」

 口蹄疫パニックが収まらない。ここまで蔓延(まんえん)した理由は何なのか。政府や宮崎県の地元からは対応方針の錯綜(さくそう)や混乱ぶりが見えてくる。

【関連記事】
首相「防疫体制などに全力」 農家の視察見送る
首相、苦しい心情吐露 「身を粉にしているが理解されない」
口蹄疫確認から6週間…鳩山首相現地入り「普天間と同じパフォーマンスだ」
口蹄疫 宮崎県が2億4千万円を農家に配分
石垣島で牛によだれと発熱症状 遺伝子検査へ
「はやぶさ」帰還へ

参院比例に杉村氏=たちあがれ日本(時事通信)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
野口さん、地球に帰還=ソユーズで、宇宙に5カ月半―カザフスタン中央部(時事通信)
首相は続投を=岡田外相(時事通信)
民主党 主な新役員の会見要旨 枝野幹事長(毎日新聞)
posted by ノジリ ヨシヒコ at 10:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。